次の試合で打とう!

昨年打率2割0分9厘だった私。武術打法に出会い、今年3割6分まで上昇。この先、成績は伸びるのか?落ちるのか?&武術打法って? 次の試合で打撃が劇的に向上するかも?の当ブログにお付き合いください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

見知らぬ若者に元気をもらいました。

先週一週間、風邪をひいて 結構、大変でした。

熱が上がることは、ほとんどなかったんですが
鼻水とセキ。特に水曜あたりは、声がガラガラになってしまい
営業先に電話しても誰だかわかってもらえない状況。

そんな中、
いつもは嫁さんが言ってる
保育園の迎えを
僕が行った日がありました。

今日、終わらせられなかった仕事のことを
スッキリしない頭で考えようとして
だけど、うまく解決策が見つかりそうもなく
ウンザリするような気分で
車を運転していると
ちょっと長めの信号で赤になってしまい
ますます、ウンザリしながら
横の歩道をみると
高校生の男の子と女の子が二人で話をしています。

男の子の背中越しに、女の子の顔が見えます。

身振り手振りを交えて、彼女に一生懸命、話を聞かせている彼。

すごく可愛らしい女の子です。

見ているうちに
彼の一生懸命さに、勝手に共感してしまいました。

ガンバレ ガンバレ

彼らの向こう側に見える信号が黄色に変わった時

彼女が、パアっと笑顔になりました。
僕まで、一瞬、高校時代に引き戻されるような
そんな ヒマワリの花が咲いたような笑顔でした。

よし、やった。いいぞ。


・・・・

俺は何を書いてるんでしょう?
スミマセン、ちょっと疲れてますね。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/22(月) 06:07:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

げんさんがいっぱい

3連休3日目の朝。
早く目が覚めたので、DTのホームページを
楽しくみていたのですが、

そこに 息子がやってきました。

父親の肩によじ登り
画面を一生懸命、みている時の話。

ハッシー氏がアップしてくれた
この前の試合の集合写真。
それを見た息子が叫んだのが
タイトルの一言。

「うっわー げんさんが いっぱーい笑い。

ボクののパソコンのスクリーンセーバーは
画像フォルダの写真が
数秒おきに次々に交代で表示される設定に
しているのですが

いつもそれを見て
「あー、おいしそうー」とか
「おはな きれー」とか
「みーお(幹生)とばーちゃん」とか
叫んでいるのです。

その中に、野球チームの写真も

いろいろあるのですが、
彼が反応するのは この写真↓

EPSN0632 1

しまいには、
音楽部長が出ようと つり部長が出ようと
黒いユニフォームをみると
「あー げんさん」と嬉しそうに歓声を
あげています。

その彼にとって
黒いユニフォームの集合写真(+マネさん)は

まさに

げんさんがいっぱい

宝の山です。

たぶん
たとえば
あんぱんまんとカレーパンマンとバイキンマンと
ジャムおじさんとメロンパンナちゃんと・・・
とにかく、全員大集合♪状態なんだと思います。

今度、グランドに連れて行ったときには
泣き叫ばずに、皆さんにお愛想できるかもしれません。
  1. 2008/11/24(月) 07:15:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヤクルトの宮本選手。

前回のゴリくん推奨の名ショートは
ヤクルトの宮本選手でした。

他には松井カズオ選手も名前が上がりました。

「松井カズオとか、肩もつえーしなぁ
 スゲーと思うよ。」

「だけど、宮本。ありゃあウメー。
 捕りかたとか、判断とか
 ホンマ、うめえと思う。」

どうやら、いわゆる“玄人好み”の選手なんでしょうね。

あと、横浜の仁志選手についても

「ウメーんよ。ありゃあホンマに頭を使って守る。
 特に守備位置の決め方が、思い切りがええしなあ。
 守備でヒットを殺しとる場合が多いよ。」

とのこと。

ボクは仁志選手、好きなので
妙に嬉しかったです。

やっぱり、なんでも
見る人の視点によって
楽しみ方も変わってくるんでしょうね。

  1. 2008/10/12(日) 21:13:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

中学校いちばんのショート⇒ゴリ

土曜の夜に、山田君と一緒に
中学校野球部の同級生、ゴリくんと一緒に遊びました。

ウチの中学校野球部は、ハッキリ言って
バリバリにハイレベルでした。

ボクの高校野球部もレベルが高くて
県立普通化でありながら 
僕らの3年夏の県大会決勝まで進むような
破格のチームだったのですが
そのメンバーのうち、6人が
我が中学の出身。
(デコも含まれます。)

しかも、その6人以外にも、
関西やら理大付やら南校やら
岡山の名門校にいった同級生がゴロゴロいたような
超バブリーなチームだったんです。

そのチームの中でも
ゴリくんはショートの絶対的なレギュラーでした。
彼のプレイを見て、はじめて
“グラブさばき”という言葉の意味がわかったような
本気で凄いレベルの
なんというか、見て、礼を言いたくなるような
圧倒的なチームメイトでした。

実際、理大付でもレギュラーで五番の座を勝ち取り
通算打率も4割だったそうです。

その彼に、飲みながら色々と面白い話を聞かせてもらいました。
その中で、フト感じた疑問。

「アナタから見て、ホントに守備が上手いプロ野球選手って誰なの?」
と聞いてみました。

10秒くらい、静かに考えてくれた彼の口から出た名前は
現役プレイヤー。
ちょっと意外な、だけど納得のいく名前でした。

「地味なんじゃけどなぁ、ありゃあ上手いと思う。」

という説明の後に挙がった名前は・・・・

長くなったので、次回に持ち越します。

答えがわかる方は、ぜひ書き込んでみてください。
  1. 2008/10/05(日) 23:52:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホントは超合金が欲しかったのに。

ちょっと遅いですが、王さんの辞任について。
音楽部長も書いてた通り、子供の頃、
ハリモト・タブチに対して、なぜか王選手だけは
王さん、または王選手。
呼び捨てにすることは、ほとんどなかったですね。

なんというか、今回、いろんな報道や
ブログなんかを拝見しながら
ふと、一見、王さんとは全然かんけーないような

“物心がつく”って、いつごろなんだろう?

ということを考えていました。



756号の世界記録の達成が77年。
ボクが7歳の年でした。

その年のクリスマス。
たぶんボクはサンタさんを ちゃんと信じていたハズです。
欲しかったのは、仲間内(含;山田くん)で
人気のあった超合金。
覚えてないけど、たぶん『コンバトラーV』とか欲しかったんだと思います。

朝、枕元に置かれたカラフルな袋を見つけて
大喜びで、紙を開いて、中を開けてみると…
そこには

「祝!756号 記念ボール」
と書かれた王選手のサインボールが入っていました。
(大量生産の記念グッズです)

3本のミニバットを組み立てて
その上にボールを載せるセットと

巨人軍の全選手のサインが入った色紙(大量生産)。

巨人の選手の写真が毎月入った翌年のカレンダー。


布団の上で、呆然としてしまいました。


今思えば
巨人ファンだった父親が考えて買ってくれたんでしょうね。

「サンタは本当にいるんだろうか?」
「親が買ってるという話が正しいんじゃないだろうか?」
そんな疑問が湧いてきます。

“物心がつく”という言葉の正確な意味・ポジションが
わからないのですが、

あの頃、感じていた
「あっちよりも、こっちがいい」とか
「あの話って、ほんまかなぁ」とか
「王さんみたいになりてーな」とか

あのあたりの気持ちが、“物心”っていうものなんじゃないかなと

そんなことを考えました。

ホントの意味で言うと、たぶん
物心がつくっていうのは
もっと早いタイミングのことなんでしょうけどね。
まあいいや。

その時の、サインボールは もう ありませんが
ミニバットは、今でも持っています。

まだ、物心のかけらもなく
毎日をエンジョイする♪
ウチの息子のおもちゃとして 活躍中です。
  1. 2008/09/27(土) 08:32:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

???

Author:???
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。